自己紹介 尺八について web尺八セミナー 演奏会情報 web演奏会  資料室 リンク メール 尺八音楽考(ブログ) Facebook


“山口籟盟のweb尺八セミナー”

琴古流(きんこりゅう)尺八奏者、山口 翔(やまぐち しょう)のホームページへようこそ!!

福岡県久留米市在住の琴古流尺八奏者、 山口 翔(やまぐち しょう)と申します。

習得してきた琴古流尺八の古典的な楽曲・技法を大切にしながら、演奏の場や発信方法を現代的かつオープンなスタイルに刷新することで、誰もが敷居の高さや閉塞感を感じることなく純粋に「音楽」として邦楽を楽しめるようにと活動を続けています。演奏・レッスン依頼や合奏のお誘いなど、どうぞお気軽にお声掛けください!!






〜こんな活動をしています〜

【琴古流尺八本曲】NEW!!
尺八本曲は、禅宗の一派とされる、普化宗の虚無僧たちが育んできた宗教音楽です。
琴古流においては、本曲と外曲は「両輪」としてともに大切に吹き継がれています。
その中でも本曲は尺八音楽の根源とも言えるものであり、
お糸の世界で言えば「組歌」と似たような位置付けの楽曲と言えるかと思います。

以前取り組んでいた「10分で琴古流本曲シリーズ」では、琴古流本曲36曲を全て演奏・動画アップしましたが、この度再び「一二三鉢返調」から一曲ずつお稽古を始め、「おさらい会」のようなつもりで撮影しています。今度は抜粋なしの全曲演奏となりますので、ちょっと長めになりますが、もしよろしければご覧ください。











【「而今の会」webゆかた会】
芸歴、流派、居住地の垣根を越え、地歌箏曲を愛する同志が三曲合奏を行う「而今の会」。
平成30年夏、再び「ネット上で共演」を果たし、「夕顔」を配信中!!

>>「而今の会」ブログは、こちら!!



【ジョイントweb演奏会】
「ジョイントweb演奏会」とは、「お互い自分の地元にいながらにして、インターネットを媒介として共演する」、いわば「オンラインでの共演」です。

この方法を使えば、日本中の離れた地域に住む人どうし、もっといえば世界中の人との共演も可能です。
実際には会ったことのない遠く離れた地に住む人とも、音楽的な趣向が合えばネット上で共演できる。特に純邦楽の共演者探しそのものが大変な地方在住の奏者からすれば、面白い試みではないでしょうか。

和楽器・純邦楽の表現方法の一つの形として、発表してみたいと思います。ご視聴、どうぞよろしくお願いいたします。



琴古流本曲『鹿の遠音』
H29.2.27 公開
琴古流尺八荒木派:中村 建
琴古流尺八竹盟社:山口 翔


Facebookでお知り合いになった、北海道大学の中村 建さん(琴古流尺八荒木派)と、福岡県在住の山口 翔による、「オンラインでの共演」です。

中村さんは長野県のご出身で、琴古流荒木派のお父様に師事されたとのことです。琴古流の中でも「荒木派」といって、戦前の名人として名高い3世荒木古童の芸系となり、飾らない気骨あふれる音色と、流麗なアタリやスリといった技巧が組み合わされ、今ではなかなか聴くことのできない、琴古流古来の伝統の技が平成の現代に至るまで脈々と受け継がれてきた貴重な本曲です。学生邦楽や若手奏者には、管楽器としての尺八奏法に秀で、洋楽の知識も深く、本当にお上手な方がたくさんおられます。しかし、この中村さんのように、幼少期からの古典の素養と高い演奏力を持った、こうした古来の琴古流の技を、この若さで実現できているというのは、本当に稀有な例なのではないでしょうか。

中村さんには、今後ともますます研鑽され、ぜひともご活躍されますよう、心より応援申し上げております。どうぞご視聴よろしくお願いいたします。

※中村さんとは、上記「而今の会」演奏会の前日、実際にお会いし、「みだれ」本手・替手吹合せをさせていただきました!


>>過去の「ジョイント…」動画は、こちら!!





【筑前琵琶との共演】


H29.5.13 Live @うきは市浮羽町”JAPAN TRIODE MEETING FUKUOKA”
橘流筑前琵琶:石橋旭姫
琴古流尺八:山口 翔


橘流筑前琵琶演奏家の石橋旭姫さんとご一緒に、筑前琵琶・琴古流尺八の合奏を行っています。

尺八の手付けは、山口が琵琶の歌と手を研究してベースを作った上で、石橋さんとともに合わせていきながら練り上げていきました。

筑前琵琶と琴古流は、ともに福岡県と縁深い芸能なのですが、不思議なことに、これまで、あまり多くの関わりを持たずにそれぞれの発展の道をたどってきたようです。

はるか1000年の昔に雅楽の楽器として大陸より伝わり、中世からは仏教との関わりを深く持ちながら「独奏楽器」として長い歴史を歩んできたこの二つの和楽器を、古来の伝統手法や楽曲を尊重しながら、平成の現代に生きる音楽として「共演」して行きたいと思っています。



【他流派との吹合せ(合奏)】


H28.5.28 @ 久留米市共同ホール
都山流尺八:猿渡伶山
琴古流尺八:山口 翔


都山流尺八演奏家の猿渡伶山氏と、都山・琴古の吹き合わせを行いました。

曲は「夕顔」。まるで、あらかじめ二重奏として作曲されたかのような合奏になりました。
都山流と琴古流の地歌箏曲の手付けの違いも、このように一緒に合奏する楽しみ方もあるなと、改めて尺八の楽しみ方の幅広さが感じられました。



山口 翔(やまぐち しょう)

H30.10.29更新